ヘアブラシに抜け毛が大量・・・アラフォーの抜け毛対策!

CRI_IMG_6106_TP_V

実は私、35歳を過ぎた頃からヘアブラシに抜け毛がごっそりとくっつくようになり、不安な毎日を過ごしていました。年齢からくるものなのか、何か精神的なストレスが原因なのか・・・。このまま髪のボリュームがどんどんなくなっていって、分け目などがっつり頭皮がスケスケの状態になったらどうしよう・・・。

当時はかなり不安だったので、ネットで色々と情報収集しながら抜け毛対策や増毛にかんする知識を集めました。そしてとりあえず今迄頭皮のケアは殆どしていなかったので、育毛剤でケアを始める事にしました。

乾いた髪に育毛剤をたっぷり付けたら、指の腹でゆっくりとマッサージをしていきます。カチカチに硬くなっていた頭皮が潤い、柔らかくなっていくのが実感できました。実際に育毛剤を使用して約一ヶ月で髪にハリとコシが出て、前より少し髪のボリュームも増えてきているような気がします。

更に三ヶ月間使用したら抜け毛が減り始め、ブロー後のヘアスタイルが崩れにくくなりました。最初は半信半疑でしたが育毛剤の使用とマッサージで頭皮環境が整い、髪全体がボリュームアップしたので大変喜んでいます。これからもケアを続けていくつもりです。

そんな私が使用しているのは、lplp(ルプルプ)という育毛剤です。購入した当時はそこまで知りませんでしたが、女性だけでなく男性にも使用している方が多いようで、評判はかなり高いようです。ルプルプ育毛剤の感想などで調べると色んな情報や体験談が出てくるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

いつまでも白く透き通った肌でいるために…カラダも美白を!

YUKA160322010I9A4289_TP_V

体の美白で必要なことは、ビタミンCを取り入れることです。ビタミンCは、果物や野菜から取り入れることができます。最近ではビタミンCのサプリも数多く市販されているのでそれを活用して、ビタミンCを簡単に取り入れることができます。

ビタミンCは、一日の摂取量が多くなってしまっても、尿と一緒に体外へ出てくれるので、必要以上に摂りすぎていないかと心配する必要はありません。また、必要なこととして紫外線対策をすることが大切になってきます。

意外かもしれませんが、実は紫外線は一年中出ているもので、天気に左右されません。曇りの日や雨の日でも、紫外線対策を怠ってしまうと、肌が紫外線のダメージを受けてしまいます。

紫外線を浴びるとビタミンDという、骨の健康維持に大切な栄養を吸収できるので適度に必要ですが、肌にダメージを与えてしまうとシミやしわを作る原因になってしまいます。それで気を抜かずに紫外線対策をしましょう。

そのために、外出する時には日焼け止めを塗るようにしましょう。ベタベタするのが嫌だという人は、長そでを着たりアームカバーを付けたりしましょう。帽子をかぶったり、日傘を差すようにすると効果アップです。

入浴の際に、バスタブに日本酒を入れることも美白に役立つようです。入浴後、そのままにしていると乾燥を引き起こしてしまうので、美白クリームなどを体に塗ることも大事です。最近は多くの美白作用のあるボディークリームも出ているので、好きな香りなどを基準にして選べば毎日の美白ケアが楽しくなります。

すでに肘や膝、脇などが黒ずんでしまったという人は、カラダの黒ずみ除去クリームを使用するといいでしょう。おすすめのアイテムとしては、ピューレパールやアットベリー、クレアフォートがおすすめです。根本的にメラニンの沈着を解消し、透明感のある肌へと導いてくれます。

クレアフォート 口コミ

スミや黒ずみの原因をブロックして対策する!

-shared-img-thumb-CON_uehon15084810_TP_Vお肌は加齢と同時にシミやしわ、ほうれい線、黒ずみなど面倒なことが増加していきます。肌の悩みは無い方が良いに決まっていますが、デリケートなところでもあるので、たくさんの人がトラブルの解決策に苦しい思いをしています。

直射日光にさらされたお肌は、老齢化が進んで黒ずみやシミが沢山でてきます。直射日光をガードするので、美しいお肌をキープすることができると言われています。強い陽射しにさらされた素肌は、肌細胞の下でメラニン色素を作り、紫外線に抗います。

以前の表皮と、出来たての表皮との入替えが行われるサイクルがしっかりと作用していない時にメラニン色素が生じると、色素が肌にとどまってしまうわけです。メラニン色素が長々とお肌にあると、お肌のカラーが劣悪になって、シミや黒ずみなどに見えることになります。

シミや黒ずみが発生する原因から判断すると、UV対策のみキチンとしていれば十分だと思われますが、やはりそれのみでは不完全です。

お肌に汚い物や古くなった角質が残存することも、シミや黒ずみが生じてしまう原因となってしまいます。美容液に含まれているいろいろな美容成分も、角質層が頑丈で美成分を通さない状態でいたら、お肌表層に留まらざるをえません。

染み込まないと効果はないわけです。お肌にあった、洗浄パワーのよい洗顔剤を使うことによって、古くなった角質層を綺麗に洗いおとし、シミや黒ずみゼロのお肌になることが出来ます。

美容液には、美白に有効性の高い成分がたくさん混合されているものもあるので、どんどん有効的に活用しましょう。